萌えるゲームを紹介 最近ではグリムノーツが多くなっています。

menu

萌えゲー辞典

サモンナイト6 アルカの特徴・使用感など

サモンナイト6を使ってみて感じたことを書いていきます。
出来うる限り細かく書いていこうと思いますので、参考にしていただけると嬉しいです。

・ステータス
ステータス(パラメータ)のバランスは非常にラージュに似ているかと思います。HP、ATK、DEF、SPDなどがバランス良く育つますが、MDFは他のキャラクターの物理キャラと同じように低めの数値です。

可愛い見た目に反して、ATKに関してガチなパラメーターをもっているといった印象で、見たときは、自身の攻撃力はかなり高いと思いました。

装備可能な武器の中で攻撃力の高い武器は剣、もしくは刀だと思いますので、大剣がもてるラージュや斧がもてるルヴァイド、カノン達に比べると総合的な火力は劣るかもしれません。

・スキル
最も特徴的なのが、基本物理キャラなのにスキル「P・コート」を持っていることであると思います。DEFも割と高いので、これを装備していれば物理攻撃にかんしてはかなりの鉄壁さを見せてくれるかと思います。
MDFに関してはラージュやルヴァイドたちと同じくらい低めですので、あまり過信できないかもしれません。

ボスクラスの敵は、闘気などのスキルによってZOCを持っていますんで、後ろを取るのが難しいですが、特務召喚師のスキルでは、バックアタックも覚えます。決めることができれば他のアタッカーにも負けないほどのダメージを出すことができます。

敵の後ろをもともとり安いのはラージュとのコネクトがもっともやりやすいかもしれません。または移動力の高いルエリィに引っ張ってもらって後ろを取りやすくするなどがやりやすいかもしれません。
1人でボスクラスから後ろを取りに行くのは至難の技ですので、バックアタックを取りに行くならばなにかしらの対策は必要かと思います。

<上級クラスB・遊撃調停官>
上級クラスBの遊撃調停官では、勇猛果敢を覚えることによって敵のZOCに影響を受けずにMAPを移動することができ、弓を装備できるので、高い遊撃戦能力を発揮できます。
心眼を習得することによって、向きによるダメージ補正を無効化できるので、P・コートを待機にしておけば、後ろを取られてもダメージを抑えることができ、攻撃に集中しやすくなります。

<絆の護り手>
上位クラスCの絆の護り手の使用感はわかりませんが、杖の装備ができるようになるなど魔法系のスキルを多く習得するようです。
いろいろなサイトを見た様子ですと、魔抗やM・バリアなど召喚に対する防御系のスキルを多く習得するようです。
印象では、上級者用のクラスといったイメージで、パラメータボーナスの振り分けなどもこのクラスを念頭に置いた振り分けが必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お勧めゲーム