萌えるゲームを紹介 最近ではグリムノーツが多くなっています。

menu

萌えゲー辞典

【ヴァイスシュバルツ】ラブライブ! サンシャイン!!エクストラ RR MIRAI TICKET

ヴァイスシュバルツのラブライブ! サンシャイン!!エクストラの
RRについてです。

簡単にカードの特徴を紹介していきます。

2年生は3枚のカードがシナジーを形成しており、3枚が揃うことで強力な効果を発揮する構成になっています。

・“MIRAI TICKET”高海千歌

梨子がクロックにいると早出しを狙うことができるカード。さらにコストを1で渡辺曜を出すこともできるので、レベル2になった時点で2体のパワー10000が出てくるので、相手が何かしらの対策がなされていない場合には、レベル2時点では場は制圧できる可能性が高そうです。

・“MIRAI TICKET”渡辺曜

高海千歌によって早出しすることができる。おそらくは2年生のデッキとしての最終目的であり、フィニッシャーとなりえるカードかと思います。

ダメージを与えるカードはとくべつな条件がなく発動することができることが利点ですが、安定したダメージを見込むことができないところがありますので、ダメージ稼ぎとしてはほかの優秀なダメージ稼ぎや2回攻撃できるキャラなどと比べて評価されにくい点かもしれません。

特殊能力でいえばそんな感じかと思いますが、レベル2でパワー10000が2対出てくる可能性があるところはかなり恐ろしいのではないでしょうか。

・“MIRAI TICKET”桜内梨子

2年生のコンボの起点となるので、開始するときにはクロックにおいておいておきたいカードです。場に出ても強く、控え室のカードを回収できる能力ももっており、かなり強力なカードです。

1年生はシナジーを形成することはないですが、単体でも強力な能力をもっており、シナジーを形成しないといえども十分な性能をもっています。
そのなかでも“MIRAI TICKET”津島 善子は目を見張る性能をもっています。

・“MIRAI TICKET”国木田 花丸

トリガーチェック時の効果と集中持ち
レベル、コスト0で多彩な能力をもっており、レベル0ですので、気軽にデッキに入れることができます。

・“MIRAI TICKET”黒澤 ルビィ

手札から舞台時に回復とアタック時のパンプ。ダメージ系の能力ほどではないですが、回復も何枚かはデッキに欲しいですので、回復約として良い選択肢になるかと思います。

・“MIRAI TICKET”津島 善子

クライマックスコンボの回復と大和型戦艦2番艦武蔵を思わせるショットをもっており、回復とダメージを併せ持っている能力で1年生のなかでは詰めとして使用できます。
ダメージだけでなく回復をもつスキルですので、他のカードに例にももれず現在高額なカードとなっています。

3年生は“MIRAI TICKET”小原 鞠莉、“MIRAI TICKET”松浦 果南はシナジーを形成しているとおもいますが、“MIRAI TICKET”黒澤 ダイヤはシナジーといった動きではないようです。
しかし、2つのクライマックスとの連携での能力はとても強力でそれに伴うかのような高額カードとなっています。

・“MIRAI TICKET”小原 鞠莉

手札から舞台時他キャラパンプと「互いを想う気持ち」のサーチをすることができるカード。「互いを想う気持ち」を回収し、「“MIRAI TICKET”松浦果南」の早出しを促進することができるカードで、最大限に特徴を生かすには他に上記のカードが必要となるものの揃えば強力なギミックが成立する面白いカードだと思います。

「互いを想う気持ち」自体も青にはめずらしい控え室からの回収で、とても優秀なカードだと思います。

・“MIRAI TICKET”黒澤 ダイヤ

クライマックスが置かれるとパンプとクライマックスコンボでばとる相手がリバース状態にしたらレベル1以上2枚サーチ。
青のRRでは最も高額なカードで2枚サーチはわかりやすく強いので、青のデッキとしてとても有力であると思います。

・“MIRAI TICKET”松浦 果南

「“MIRAI TICKET”小原 鞠莉」や「互いを想う気持ち」を駆使することによって早出しを狙っていきたいカード。助太刀を禁止する効果などからレベル2帯ではかなり効果的となりそうですが、レベル3対までこれらのカードで攻めていくにはきついかと思いますので、レベル3では他の対策を用意しておく必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お勧めゲーム