萌えるゲームを紹介 最近ではグリムノーツが多くなっています。

menu

萌えゲー辞典

RPGツクールMV・VXACEについて

RPGツクールをもってる方は、作品を世に出したいという方も多いのではないかと思います。

私はなにかしらの作品をあげたいと考えているのですがMV・VXACEも持っていながら、作品をあげられていない状況でどちらで作っていくのかも決められていない状態です。
一応両方ともいいところが多くあり、いろいろ動かしてはいますが、それでも決められない状況が続いています。

そういう状況ですので、実際にこの2作品の実際使ってみた使用感やネットで見た感想などでわかったことをまとめて行きます。

・スクリプトについて

中級者から上級者の方でMVとMV以前の作品でどの作品で作っていくかで悩む場合この要因で悩むことも多くあるのではないかと思います。
JavaScriptによってプログラムが変更され、使いやすくなた方もいれば、Rubyでよかったといったかたもいると思います。

また、スクリプトのパラメータを調整する場合、VWACEのは、パラメータを調整するたびにファイルを書き換えなければなりませんでしたが、MVでは変更したいパラメータのみを管理できる機能があるため、初級者のみならず上級者にも優しい機能がついています。

わたしもVXACEでRubyを少し調べながら苦労しながら作り続け、MVになり、さらによくわからないJavaScriptになって変な気持ちになりました。

まだ実感がわかないのですが、ネットでよく言われているのが、JavaScriptは強力な言語であるらしいので個人的な意見では今からツクールをはじめていくのであればMVなんじゃないかな~と思っています。

スクリプトの言語も多く広まっているavaScriptですので、様々なプラグインが配布されており、初心者でも使いやすいスクリプトが集まっているのも魅力です。

ただ4年分の歴史があるVXAceが使いやすいということもあってか、現在でも好んで使用されているという事実もあるので、どちらか一方を上位互換・下位互換としてもみることができない現状もあります。

RPGツクール

・解像度について

こちらだけで見れば完全にMVに軍配があがり、やはり解像度が高いというのは、とても魅力があります。

・その他の機能について

MVはその他の機能も革命的な機能を持つようになっており、とくに目立っている機能としては、スマホアプリやブラウザゲームも作れるというところ。

この機能はそれ以前のツクールではできない機能であるため、非常に斬新であるバージョンで試作であるもののMMOを作った方もあるなどのエピソードもあります。
また、MACにも対応しているので、MACしか持っていないユーザも進出できそうです。

まだ一部の紹介となってしますが、個人的に0から入っていくのであれば、MVなのではないかと思います。

ネットを見た感じですと時点でVXACEかなといった感じで、現在でもフリー、シェアソフトともにVX、VXACEも好んで使用されている方も多いようです。むしろ個人的な調査だと今の時点だとVX、VXACEの方がリリースされているのではないかと思います。
紹介はこんな感じですが、ぜひ、参考にしていただけましたらありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お勧めゲーム